状況に応じた別荘の利用法


TOP > 状況に応じた別荘の利用法

別荘の効率のよい利用方法は人によって様々です。


人によっては税金対策の為などもありますが、本来は自分がゆったり過ごす為の場所として購入したものです。

一番いいのは頻度高く利用することです。

リフレッシュにもなる上、利用頻度が高くなればそれだけ定期的に手入れされるため、快適に過ごせる上に長持ちします。

好きな時に好きなだけ、人に気を遣わず自分だけの空間を楽しむことができるのが魅力です。



とはいえ、実際に買ったもののなかなか忙しかったり生活状況が変わったりして頻度高く利用できない人もいます。

中には面倒で行かなくなってしまったというケースもあるでしょう。

そうなってくると庭の草は伸び放題、建物も湿気などから傷みやすくなる上、税金も重くのしかかってきます。
別荘の税金には固定資産税や都市計画税がかかってくるのですが、これが通常の住宅よりも高額になってしまいます。

住宅の場合はいわゆる、人が住居として暮らすことを目的としているため、土地にかかる税金が軽減されるという特例があります。
別荘の場合はこの適用されないのです。
しかし、月に1回以上利用していれば、場合によっては税金の軽減が認められるケースがあるようです。


よって、月に数回リフレッシュと税金対策の為に利用するのもよいでしょう。



最後に、全く利用しない場合には、貸別荘として第三者に利用してもらう方法があります。
当然別荘の管理、利用者の募集などは管理会社に代行依頼する人がほとんどの為、当然その分の経費はかかります。



しかし、もし立地のよい場所にあれば継続して収入を得ることも可能です。